付属品も一緒に買い取ってもらう

高額買取に必要不可欠な付属品とは

しばしばブランド買取店などでは、付属品が大切という言葉を見かけます。この付属品というのは、例えば腕時計を入れていた箱であったり、保証書やギャランティーカードを意味します。ブランド品はコレクターズアイテムとしての側面も強いので、こうした実用的な部分以外の評価も非常に重要になってくるのです。一番良いパターンは付属品をすべて揃えた完品状態で買取りに出すことですが、例え完品でなくとも揃えられるだけの付属品を揃えてから買取りに出すことがおすすめです。一部では購入時の袋まで付属品扱いされることもあるため、不安がある場合は購入した状態で買取りに出すと良いでしょう。少なくとも、袋を持っていって損はありません。

付属品が必要不可欠なケースと汚れ

特定ブランドの買取や、シルバーアクセサリーなどでは一部付属品が買取に必須条件となる場合もあります。付属品とは言ってもギャランティーカードあるいは保証書に限定されますが、いずれにせよ保証書は失くさずに大切に保管しておく必要があります。保証書には購入店や日時が記載されているため、購入ルートを明らかにする目的もあるのです。また、付属品をきちんと揃えても汚れが目立つようでは買取に影響しない可能性があります。適当に保存していてはいつの間にか汚れかねないので、高価なブランド品を購入した際には本体以外を丁寧に保管することをおすすめします。せっかくの付属品の価値を高めるためにも、細やかな心配りがポイントとなるのです。

「法定金貨」や、基盤などの「工業製品」、ライターなどの「危険物」、そしてメッキ品のように品種や品質を特定しにくい製品は、「金買取」でも買い取ってもらえない場合もあります

© Copyright Asset Purchase Agreement The Brand. All Rights Reserved.